台北は雨でも楽しめる。

P3073608

3月って台湾を旅行するにはいい時期って聞いてたんですけどね。何故か今回の僕の台湾旅行は最終日以外全部雨という残念極まりないものでした。草。

けどまぁ台北周辺って地下街とか屋内施設が多いんで結構不自由さを感じずに楽しめました。ということで行ったところとか紹介します。

1. 国立台湾博物館

P3083620

台湾にある博物館だと国立故宮博物院(白菜とか角煮とかあるとこ)が有名ですよね。あっちは中国の歴史的な展示物がすごい量収蔵されているのですが、こっちは自然科学系がメインの博物館。台北駅から南へ徒歩10分ぐらいでいけます。入場料が5元ぐらいでクソ安かったのを覚えています。

P3083622この施設自体が日帝時代の建物なのでモダンな雰囲気に包まれています。1階が特別展示、2-3階が常設展示らしいのですが2019年3月時点では2階が改装中でした。入れると恐竜の化石とか見れるっぽいです。

3階の展示では台湾の生態系や文化、歴史について書かれており、たまに日本語でも書いてあります。まぁ中国語は漢文なのでノリとフィーリングで全体の3割ぐらい理解できると思います。知らんけど。

P3083632

なんか絶滅したっぽい動物の中にエウレカに出てくるアネモネのペットみたいな顔したやつがいたので貼っておきます。ご査収ください。

2. 華山文創区

P3083658

台湾発のブランドって質が良くて安い物が多いので個人的に好きなのですが、ここはそういう精鋭ブランドが多く出店してる場所です。

元々タバコ工場だったものをリノベして洒落た空間になっています。映画館も併設されてるしキャラクターの特別展示をいくつかのブースでちょくちょくやってたりするのでん入ってみると面白いかと思います。僕が行った時はラインの公式スタンプのキャラクター展と昆虫展見たいのをやってました。あ、ちなみに展示は全部有料です。

こんな感じの街並みが好きだったら松山文創区っていうところも同じくリノベした複合施設なので楽しいかと思います。

3. 紫藤廬

P3113825

カフェ以外でゆったりしたいなと思った時台湾なんだから飲茶しようぜ!!という適当な理由で行ってきました。台湾人にオススメされたんで多分いいところなんだと思います。

日帝時代に役人の家として使われていたものを飲茶の店に改装したものらしいです。

P3113827

確かに鯉とかいて日本っぽかったんですけど人が来ると餌をもらえることを学習している奴らばっかだったので、すごいえが撮れました。なんやこれ。

P3113830

最初にこんな感じでやり方を教えてくれてその後自分でやる感じなので初心者も安心ですね。だいたい1種類300元ぐらいで10杯分ぐらいとれます。二人で行って2種類頼んだのですが結構腹にたまりました。

番外編:象山

旅の目的の1つに「夜景を撮る」ってのがあったので雨が弱い日に強行して行ってきました。

象山って登山道入口から20分でいけるんですけど全部石畳の階段です。何が言いたいかというと死ぬほど滑りやすいです。雨ってことでトレッキングシューズを履いて行ったんですけどあれって整備されてない山で使うことを想定しているので、逆に微妙に整備されてる環境だと接地面積が少ないのでかえって滑りやすいということがわかりました。

後階段が結構急なので子供や体力に自信のない方は死にたくなければ晴れた日に行きましょう。僕も1回滑りかけて心拍数がブチ上がりました。

P3083674

撮れた写真はまぁそれっぽい感じにはなったんですけど台北101の上の方は雲に隠れちゃいました。雲からかすかに青い光を放ってる台北101は近代都市間があってこれはこれで良かったなと思いました。

まとめ

P3073617

ということで台北の雨の日でも楽しめそうなスポット(番外編を除く)でした。これ以外にも誠品書店ハシゴとかしてると余裕で1日潰れるので時間が余った方はやってみるといいと思います。

まぁ旅行に来て何もホテルで何もしないってのも乙なのでやってみるといいですよ。今回の旅行もStar hostel taipei main stationっていうところのラウンジでほぼほぼダラダラしてたのですが普通に有意義でしたよ。知らんけど。

では今回はここら辺で。ご閲覧ありがとうございました。

コメント